*

車両保険の免責金額

車両保険の免責金額

車両保険には免責金額を設定するのが一般的です。

免責というのは、 車両保険を使う場合に、その免責に設定した額までは自己負担するという事で、免責額を5万円とか10万円などと設定します。

また、免責を保険会社側から見ると、補償の「責任を免れる」という意味で、 免責に設定されている部分は「保険金を支払ません」という事になります。

つまり、車の修理代が免責に設定されている金額以下の場合は、保険金は支払われないので自腹で修理することになります。

自己負担する免責額を設定

自動車保険に車両保険を付加する場合は、通常、免責金額を設定します。

免責金額を設定した方が保険料も安くなりますので、車両保険を付ける場合は、免責金額を設定するのが一般的です。

免責は以下のように設定します。

  • 1回目5万円-2回目以降10万円
  • 1回目10万円-2回目以降10万円
  • 1回目5万円-2回目以降5万円
  • 1回目0円-2回目以降10万円
  • 1回目0円-2回目以降0円
  • 1回目10万円-2回目以降20万円
  • 1回目5万円-2回目以降10万円(免ゼロ特約)

1回目○円-2回目以降○円というのは、任意保険の契約期間中に事故で車両保険を使う回数を表します。

1回目○円は、初めて車両保険を使う場合の免責金額で、2回目以降○円は、2回目以降に車両保険を使う場合の免責金額となります。

免責金額は、ざっと数えてこれくらいの種類がありますが、免責金額の設定の仕方で保険料に差がでてきます。自己負担する額が大きい方が保険料は安くなります。

1回目0円-2回目以降0円のように、どんな場合でも全額補償して欲しいという設定にすると、事故の場合に自己負担する額は無くなりますが、反面、保険料は高くなります。

なお、一般的に設定件数が多い免責金額は、「1回目5万円-2回目以降10万円」だそうです。

免ゼロ特約とは

免ゼロ特約は、1回目の車対車の事故の場合に、自己負担をゼロにする事ができる特約です。

当て逃げ事故や単独事故などについては自己負担をゼロにすることはできませんが、相手が確認できる事故では自己負担がゼロになります。

なお、免ゼロ特約は、現在の等級が7等級以上でないと付けられません。

免責分を自己負担しなくてもいい場合

相手のある事故で、相手からの損害賠償金が自己負担額を超える場合は、結果として免責分は負担しなくてもすみます。(相手も任意保険に加入している場合)

保険会社の車両保険の約款の中には次のような記載があります。

「損害等に関して第三者からの回収金がある場合において、回収金の額が被保険者の自己負担額を超過するときは、車両保険の保険金の額から超過額を差し引いて支払う」

つまり、相手がある事故で、かつ、その相手から金銭を受取っている場合は、自己負担額(免責分)の超過分を差し引いて支払うという意味になります。

分かりにくいので、例をあげて説明します。

たとえば、事故で車に100万円の損害が発生したとします。契約は、免責に10万円を設定しています。双方の過失割合は50%:50%だとします。

この場合、自分の車両保険からは100万円-10万円=90万円が支払われます。この時点では、免責分の10万円は自己負担しなければいけません。

相手側の過失割合が50%なので、相手側の任意保険から50万円の保険金が支払われます。

100万円(損害額)×50%(相手の過失割合)=50万円(第三者から回収した金銭)

この50万円が事故の相手の任意保険から支払われる保険金となりますが、このままでは、自分の車両保険からの90万円と相手の対物倍賞保険からの50万円で、実際の損害額である100万円を上回る140万円を受取る計算となってしまいます。

そのため、保険会社はここで保険金の調整を行います。

約款に従って計算しなおします。

車両保険の保険金-超過額(相手からの保険金-自己負担額)=車両保険の保険金
90万円-(50万円-10万円)=50万円

車両保険の保険金+相手からの保険金=受け取れる保険金の額
50万円+50万円=100万円

この例のように、事故の状況や過失割合によっては、自己負担分を実質的に負担しなくてもよい場合がありますので、覚えておくと良いでしょう。

また、車同士の事故で、自分の車が全損となった場合も自己負担は発生しません。

全損の場合は、車両保険に免責金額を設定していても、契約している保険金の全額が支払われことになっています。

まとめ

免責金額を低く設定すれば、事故を起こした場合の自己負担は小さくなりますが、その分保険料が上がりますので、「1回目5万円-2回目以降10万円」程度の免責金額を付けると良いでしょう。

なお、車の修理代が、わりと小さい金額であれば、保険を使わずに自己負担した方が良い場合があります。

車両保険を使えば等級が下がり、連動して等級による保険料割引率が減少するため、来年からの保険料に影響が出てしまいます。

ですので、車両保険を使う場合は、実際の損害額と、保険を使ったことによる保険料の値上がり分を比較して、どちらが金銭的に得をするかで判断すると良いでしょう。

保険会社では、保険を使ったことにより、来年以降の保険料がどの程度になるのかをシュミレーションする機能を提供していますので、保険を使うか迷ったときには利用してください。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑