*

中古車で任意保険を安くするための方法

中古車で任意保険を安くするための方法

 中古車を新しく買ったけど保険は必要かなと考えている、もしくは、以前から持っていたけど任意保険には入っていなかったというような場合でも、何かあってからでは遅すぎますから、任意保険には必ず入るようにしましょう。

ただ、任意保険の必要性は分かっているけど保険料が高くて、という人もいるでしょうから、必要な補償は外さず保険料をできるだけ安くする方法を考えてみたいと思います。

外すことができない補償は、対人賠償と対物賠償の保険です。任意保険に入る意味の殆どが、この保険で補償を受けるためと言ってもいいくらいですから、この2つは「無制限補償」という事で考えてください。

任意保険を安くするためのポイント

まず、最初は保険会社をどこにするかでしょう。保険会社をどこにするかは、以前からある代理店型の保険会社か、通販型と呼ばれるダイレクト系の保険会社かということです。

この両者で大きく違うのは、保険料に販売代理店への手数料が含まれているかいないかです。通販型は、インターネットを媒介して販売する方式ですから、代理店に相当するものはありません。代理店が無いのですから、当然、代理店への販売手数料も発生しませんので、結果として保険料は代理店型と比べて安くなります。

ですから、保険料を安くしたいと考えているなら、まず通販型の自動車保険にすると良いでしょう。なお、同じ通販型(ダイレクト自動車保険)でも、保険料は保険会社によって大きく異なりますので、当サイトでご紹介しているような「一括見積もり」を利用して複数の保険会社へ見積もり依頼すると良いでしょう。

次は、補償内容で考えていきます。

車両保険で安くできないか

車両保険は、「一般条件」、「エコノミー+限定A」の2つが主流です。

一般的には、車の年数が経過している場合や、その車の時価(市場価格相当)が安い車の場合は、車両保険を付けない方が多いようです。それでも、古い年式だけど買ったばかりだから、車両保険を付けたいという場合は、全てが補償される一般条件の車両保険から、単独事故や当て逃げなどの補償を除外した「エコノミー+限定A」に加入すると、保険料を大幅に安くする事が可能です。

中古車の任意保険の保険料を高くするのはこの部分ですから、よく検討する事をオススメします。参考までに、車両保険の「一般車両型」と「エコノミー型」では倍近く一般車両型の保険料は高くなります

また、免責金額(自己負担額)を設定する事で保険料を安くできます。

車両保険には以下のように免責を設定できます。(免責というのは、たとえば、5万円の免責でセットすると、5万円までは保険を使わず自己負担するという意味になります)

  • 1回目0万円-2回目以降10万円
  • 1回目5万円-2回目以降10万円
  • 1回目10万円-2回目以降10万円

これらの種類がありますが、下に行くに従って保険料は安くなります。つまり、自己負担する額が多くなれば、それだけ保険料は安くなる仕組みになっています。

参考)免責金額は、「0万円-10万円」が全世代を通して最も多くなっています。大よそ過半数の人がこの設定をしています。次に多いのが「5万円-10万円」となっていて、10%~20%程度の人がこの設定をしています。(大手損保の資料より)

運転者限定割引で安くする

次に、運転者を限定できないか検討してみます。運転者を限定するという事は、補償の対象になる車を運転する人を限定するという事です。

運転者限定には以下の種類があり、限定の範囲が狭くなるほど保険料は安くなります。

  • 限定なし
  • 家族限定
  • 夫婦限定
  • 本人限定

上記の「本人限定」が最も保険料は安くなります。その車を自分しか運転しないのであれば、迷わず「本人限定」にするといいでしょう。そのかわり、本人以外の人が運転して事故を起こした場合には補償されません。

年令条件で安くする

年令条件は、車を運転する人の年令を限定するものです。一般的に、事故を起こす確率が高い、若い世代の保険料は高くなるような仕組みです。

年令条件には以下の種類がありますが、保険会社によって異なる場合がありますので注意してください。

  • 年令を問わず補償
  • 21歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 30歳以上補償
  • 35歳以上補償

年令条件も上記の下に行くほど保険料は安くなります。たとえば、26歳以上補償であれば、25歳11ヶ月の人は1ヶ月足りないだけで補償の対象から外れてしまいます。この場合は仕方が無いので、1ヶ月待つか、もしくは21歳以上補償で契約しておくしかありません。

通販型ならネット割引も使える

通販型の任意保険なら、申込にインターネットを利用することで、保険料が割り引かれます。これは、「インターネット割引」と言われていて、殆どの通販型自動車保険の保険会社で行われている割引です。

割引額も、加入時に1万円、継続更新時にも1万円割り引く会社もありますので、申込はネットを利用した方がいいでしょう。

まとめ

任意保険は、上記の他にもいろいろな方法で保険料を安くすることができます。

たとえば、年間走行距離は少ない方が安い、使用目的は「日常・レジャー」使用が安いなど、車の使用目的や使用頻度などを絞り込む事で保険料は安くなっていきます。

なお、事故を起こした時の、自分のケガや搭乗者のケガなどが心配なら、搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険も考えてみるといいでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑