*

自動車保険を途中で他社へ切り替える時の保険期間通算特則

自動車保険を途中で他社へ切り替える時の保険期間通算特則

 自動車保険を保険期間の途中で他社に切り替える場合、数ヶ月単位で等級の引継ぎが上手くいかないケースが出てきます。

たとえば、Aさんが以下のように保険に加入していたとします。

  • 現在の等級:8等級
  • 保険加入日:平成24年6月1日
  • 保険満期日:平成25年6月1日

この場合、満期日の平成25年6月1日に自動車保険を切り替えれば、等級も問題なく引き継がれ、1等級上がった9等級として引き継がれて行きます。

しかし、満期日をむかえる前の保険期間の途中で、保険会社を乗り換える場合は、こうスムーズにはいきません。

たとえば、Aさんが車を買い替えて平成24年の11月10日に納車になる事になり、これを機に自動車保険も切り替える事にしたとします。

この場合どうなるかというと、

  • 旧契約の開始日:平成24年6月1日
  • 旧契約の解約日:平成24年11月10日
  • 新契約の開始日:平成24年11月10日
  • 新契約の満期日:平成25年11月10日

という状態になります。本来なら、旧契約の満期日の平成25年6月1日に、等級が1つあがって9等級になるのですが、この場合のように途中で解約した場合は、新契約の満期日平成25年11月10日までの期間は、9等級のままという事になってしまいます。

つまり、途中で切り替えた事によって、約7ヶ月分損をしたかっこうになります。

こういう場合に「保険期間通算特則」を使うことで、上記のように7か月分も損をする事なく、スムーズに等級を引き継ぐ事が可能になります。ただし、保険期間通算特則を適用するためには、ひとつ条件がありますので、それをクリアする必要があります。

保険期間通算特則の条件

旧契約の解約日と新契約の開始日が同じである事が条件です。

上記の例の場合では以下のようになります。

  • 旧契約解約日:平成24年11月10日
  • 新契約開始日:平成24年11月10日

となっている事が条件になっていますから、この条件を満足するように手続きを進めなければいけません。

しかし、解約日と開始日を同じにするように手続きを進めたとしても、場合によっては、何らかの理由で同じ日にならない事も考えられます。そうすると、「保険期間通算特則」の条件を満たさなくなり、この特則の適用を受けられなくなってしまいます。

新契約の方は、保険会社としても新規の契約となりますから、直ぐに手続きをして、希望した日にちにスタートさせてくれるでしょうが、解約の方は、もしかしたら手続きの優先順位を下げられてしまうかもしれません。

そこで、旧契約を確実に約束の日に解約してもらうために「解約証明書」を発行してもらうと良いでしょう。この証明書を発行してもらう事で、解約日と開始日がずれてしまう事を防ぐ事ができます。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑