*

自動車任意保険とは

自動車任意保険とは

自動車任意保険(任意保険)とは、事故を起こしたときに、自賠責保険の補償限度額を超えた損害をカバーしてくれる保険のことで、自分や相手の車の修理代、ガードレール・電柱・建物などを壊した場合の修理・修繕費、ケガなどによる医療費を補償してくれる保険です。

任意保険に加入するかどうかは任意で、つまり自由ということなので、事実、加入していない人も、わずかながらいるようです。

» 自動車保険の加入率

ただ、交通事故を起こした場合の損害賠償を考えると、強制保険である自賠責保険だけでは対応できないのも事実で、万一、任意保険に加入していない状態で事故を起こせば、高額化する損害倍賞請求に対応することすらできなくなってしまいます。

任意保険は、いろいろな種類の保険で構成されていますが、それに全部加入しなくてはいけないと言う事ではなく、その中から選んで入る事になります。

それでは、任意保険の種類についてみていきます。

任意保険はいくつかの保険で構成される

任意保険は、「賠償責任保険」「傷害保険」「車両保険」の3つの補償タイプに大きく分類され、さらに、その中を、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、無保険者傷害保険、人身傷害補償保険、車両保険の7種類の保険に分類されます。

分かりやすく一覧にすると、任意保険の構成は下記の表のようになります。




賠償責任保険
  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故保険
  • 無保険者傷害保険
  • 人身傷害補償保険
車両保険
  • 車両保険

上記の保険を個別にみていきます。

賠償責任保険

賠償責任保険は、相手の人や物などに対する賠償保険で、交通事故で人にケガをさせたり車や物を壊してしまった場合に、それらの損害を賠償するための保険金が支払われます。

賠償責任保険には以下の2つの保険が分類されます。

対人賠償保険

任意保険の核になる保険の一つが、この対人賠償保険です。

任意保険に入る時には、この対人賠償保険と対物賠償保険にペアで入るのが基本です。

車を運転していて、人身事故(人がからむような事故)を起こせば、億単位の損害賠償金を請求される事もあるため、自賠責保険の保険金(死亡事故なら最高3,000万円)だけでは、この億単位の賠償金を支払う事は困難です。

このような場合に補償してくれるのが、対人賠償保険です。

» 対人賠償保険とは

対物賠償保険

任意保険のもう一つの核になる保険が、この対物賠償保険です。任意保険に入る時には、この対物賠償保険と対人賠償保険にペアで入るのが基本です。

自動車事故で、他人の車や建物などの「他人の財物」、つまり、他人の所有物を壊してしまった場合に、その損害を賠償するための保険という事になります。

» 対物賠償保険とは

傷害保険

傷害保険は、運転者本人と同乗者に対する保険で、ケガをして通院した場合や入院した場合に、それらの治療費や入院費などに充てるための保険金が支払われます。

傷害保険には以下の4つの保険が分類されます。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、自動車事故で契約している車に乗っている人が死傷(ケガや死亡)した場合に、過失の有無に関係なく保険金が支払われる傷害保険です。

過失割合の他にも、他の保険からの給付や、事故相手からの賠償金などにかかわらず保険金が支払われる事になっています。また、保険を請求しても「等級が下がらない」という特徴もあります。

» 搭乗者傷害保険とは

自損事故保険

自損事故保険は、電柱やガードレールへの衝突や崖からの転落など、他の車がからまない単独事故で、運転者自身が死傷した場合に補償保険金が支払われます。

電柱やガードレールへ衝突したような事故の場合、一緒に車に乗っていた「同乗者」には、自賠責保険からケガの治療費が支払われますが、運転者のケガなどについては、自賠責保険では一切補償されません。

そういう場合に役に立つのが「自損事故保険」です。

» 自損事故保険とは

無保険者傷害保険

無保険車傷害保険は、自動車事故で契約車に乗っている人が、死亡または後遺障害になった場合で、加害者側の車が任意保険に加入していないなどの理由で、十分な補償を受けられない場合に補償し保険金が支払われる保険です。

ただし、ケガの場合は補償の対象とならないので気をつける必要があります。

この無保険車傷害保険は、任意保険に加入すると自動的に加入となるので、新たに自分で加入する必要はありません。

» 無保険車傷害保険とは

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険は、事故によって契約車両に乗っている人が死傷した場合に、過失割合に関係なく治療費、休業補償、慰謝料などの損害を、契約金額の範囲内で補償してくれる保険です。

人身傷害補償保険は、入院や通院のためにかかった治療費(日数は関係ありません)、休業補償、慰謝料の全額を契約金額の範囲内で補償してくれます。

また、人身傷害保険のタイプ(車内・車外とも補償の場合)によっては、契約車以外の車に乗っているときの事故や、歩行中の自動車事故により死傷した場合でも補償の対象になります。

なお、人身傷害保険のタイプには、「車内・車外とも補償」と「車内のみ補償」の2種類があります。

» 人身傷害補償保険とは

車両保険

任意保険の中の他の保険は、相手に対する補償や、運転者や同乗者を補償する保険ですが、この車両保険は、自分の車に対する保険という事になります。

車両保険は、自動車事故によって車が損害を受けた場合に支払われる保険で、保険金の額は、契約する車の年式や種類に応じた「時価」を基に決められます。

車両保険で補償されるのは、車対車の事故、当て逃げ、単独事故、盗難、いたずら、自然災害による損害などと多義に渡りますが、車両保険の種類によっては、単独事故と当て逃げが補償されないものもあります。

車両保険を契約する場合は、自分の車に対してどういう補償が必要か、よく検討してからにすると良いでしょう。

» 車両保険とは

自動車任意保険:まとめ

上記のような個々の保険で構成されているのが、任意保険と呼ばれる保険です。

一般的には、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険か人身傷害保険の組み合わせが良いと言われているので、これらの保険に車両保険を組み合わせるかどうかで考えると良いでしょう。

車両保険は、新車や高級車の場合は加入した方が良いでしょうが、年式の古い中古車の場合は、必ずしも必要ではありません。ただ、愛着のある車の場合なら、加入した方が安心です。

一般的には、車を新しく購入した場合は、車両保険を付けるケースが多く、車を購入してから数年経過し車両価格(時価=市場での価値)も下がってきたという場合は、車両保険を外す人が多いようです。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑