*

人身傷害補償保険とは

人身傷害補償保険とは

人身傷害補償保険は、事故によって契約車両に乗っている人が死傷した場合に、過失割合に関係なく治療費、休業補償、慰謝料などの損害を、契約金額の範囲内で補償してくれる保険です。

人身傷害補償保険は、自分も含めて、入院や通院のためにかかった治療費(日数は関係ありません)、休業補償、慰謝料の全額を契約金額の範囲内で補償してくれますが、人身傷害保険のタイプによっては、契約車以外の車に乗っているときの事故や、歩行中の自動車事故により死傷した場合でも補償の対象になります。

通常、自動車事故で死傷した場合に支払われる保険金は、双方の過失割合に応じて減額され支払われることになりますが、人身傷害保険の場合は、過失割合が適用されません。

たとえば、追突や信号無視、センターラインオーバーなどで事故を起こすと、 基本的に過失割合100%と判断され、自賠責保険からも任意保険からも保険金が支払われません。しかし、人身傷害補償保険に入っていれば、本人の過失割合が100%であっても補償が受けられ、保険金が支払われます。

人身傷害補償保険の特徴

人身傷害補償保険の特徴には以下のものがあります。

  • 過失割合にかかわらず保険金が支払われる
  • 治療費、休業補償、慰謝料が全額補償される
  • 契約車のほかにも、他人の車や歩行中の事故も補償される(タイプによる)
  • 単独事故、当て逃げなども補償される
  • 示談交渉の結果に関係なく保険金を受け取れる

実際にかかった損害を補償

人身傷害補償保険は、実際にかかった損害(入院や通院のためにかかった治療費、休業補償、慰謝料など)を補償してもらえます。さらに、人身傷害保険のタイプによっては、契約者とその家族が歩行中や自転車に乗っている時、または、ほかの車に乗っている時の自動車事故も補償されます。

「人身傷害保険のタイプ」

  • 車内のみ補償:契約車両に乗っているときだけ補償を受けられる
  • 車内・車外とも補償:契約車両に乗車中、歩行中、自転車に乗っている、他の車に乗っているときも補償を受けられる

タイプを選ぶ場合は、単身者なら「車内のみ補償」を、既婚者なら「車内・車外とも補償」を選ぶと良いでしょう。

なお、人身傷害補償保険と似た補償を行う「搭乗者傷害保険」では、一般的に部位や症状に応じて、あらかじめ決められた定額が支払われますが、人身傷害補償保険ではかかった費用の「実費」を全額補償してくれます。

示談交渉の結果に関係なく保険金を受け取れる

通常、相手のある事故の場合は、示談が成立してからでなければ賠償金を受取る事ができません。しかし、人身傷害補償保険の場合は、示談の成立に関係なく損害額が確定していれば保険金を受取る事ができます。

単独事故や当て逃げも補償

電柱やガードレール、ブロック塀などにぶつかったような、相手のいない「単独事故」の場合の損害も補償されます。

また、当て逃げされたというような時も補償の対象になります。

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の違い

人身傷害補償保険と似たような補償を行う保険に「搭乗者傷害保険」がありますが、これらの保険の違いを確認してみたいと思います。

人身傷害補償保険には、上記で見てきたように「契約車のほかにも、他人の車や歩行中、自転車の事故も補償」してもらえるという特徴がありました。また、保険金の支払も、実際の損害額の「実費」となっていました。

一方、搭乗者傷害保険の場合は、「契約している車に乗っている搭乗者全員」となっています。保険金の支払も「部位・症状別払い、定額払い」となっている事が一般的ですから、実際の損害額とはかけ離れた額になる可能性があります。

つまり、人身傷害補償保険は補償の範囲が充実し広く、それに比べると搭乗者傷害保険は補償の範囲が限定的という事になります。

違いを表にまとめてみると

項目 人身傷害補償保険 搭乗者傷害保険
契約車両での事故 補償あり 補償あり
契約車両以外での事故 補償あり 補償なし
歩行中・自転車での事故 補償あり 補償なし
補償保険金 実損払い 部位・症状別払い、定額払い
もしくは、日数払い

となり、人身傷害補償保険の方が補償範囲が広い事がわかります。ただ、その分、保険料は高くなりますが、人身傷害補償保険の契約保険金額(無制限、1億円、8,000万円など)や補償の範囲を限定する事で、保険料を安くする事ができます。

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の補償額

「対向車と衝突しケガを負った場合」

  • 搭乗者傷害保険に1,000万円で加入していたとすれば、

    入院1日につき1万5,000円、通院1日につき1万円が初日から支払われます。(入院は1日につき保険金額の0.15%、通院の場合は0.1%が支払われます)

    もし、入院費が1日18,000円かかれば、この補償額の範囲外3,000円が補償されない事になります。

  • 人身傷害補償保険に2,000万円で加入していたとすると、

    損保会社があらかじめ設定した保険金額を上限に、実際の損害額を100%支払ってくれます。

    この場合の入院費1日18,000円の全額が補償されます。

人身傷害補償保険:まとめ

人身傷害補償保険には、契約者とその家族が歩行中や、ほかの車に乗っていて死傷した場合でも補償されるタイプ(車内・車外とも補償)が設けられていますので、一家に車が1台の場合は、車内・車外とも補償タイプで契約するのが安心です。

ただ、最近では一家に複数台の車がある事も普通ですので、2台目以降の車は、人身傷害補償保険の補償タイプを「車内のみ補償」という限定タイプにしておけば保険料を安くする事ができます。

または、人身傷害保険を外して、搭乗者傷害保険を付帯する事でも保険料は安くできます。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑