*

対人賠償保険とは

対人賠償保険とは

自動車任意保険の核になる保険の一つが、対人賠償保険です。任意保険に入る時には、この対人賠償保険と対物賠償保険にペアで入るのが基本です。

車を運転していて人がからむような事故を起こせば、億単位の賠償金を請求される事もありますので、強制保険である自賠責保険の保険金(死亡事故なら最高で3,000万円)だけで、この億単位の賠償金を支払うのは、とうてい不可能な事です。

公道を走る車の約85%程度(民間の自動車保険+自動車共済)が、任意保険に加入してると言う統計が出ていますが、この統計からすれば残りの15%程度は任意保険(対人賠償保険を含む)に加入していません。つまり、10台に2台程度の車が、任意保険に加入していない事になります。

人身事故を起こした場合は高額な補償額を請求されますので、車を運転するなら必ず任意保険の「対人賠償保険」に加入するというのが基本となります。

対人賠償保険は任意保険の核

対人賠償保険では、自動車事故で歩行者、同乗者、相手の車に乗っている人を、死亡またはケガさせた場合に、自賠責保険から支払われる保険金を超える部分について保険金が支払われます。

つまり、任意保険の中の位置づけとして、最も重要な核となるのが「対人賠償保険」という事になります。

高額賠償の例

下記の画像は、損保協会が公開している「高額保険金の請求」のケースですが、これを見ても賠償額が高額なことがわかります。

高額請求の判例

上の図の最初の「死亡事故」の場合では、5億2千万円もの補償額を請求されています。自賠責保険からは、3,120万円(死亡保険金3,000万円+傷害保険金120万円)が支払われますが、この保険金額を超えた残りの賠償額については、対人賠償保険から支払われる事になります。

もし、任意保険の「対人賠償保険」に入っていなければ、どうなるでしょうか?

対人賠償保険の補償範囲

対人賠償保険は、「他人」に対して補償を行う保険で、事故で相手を死亡させたりケガを負わせてしまった時に保険金が支払われます。

補償の対象になるのは、あくまでも「他人=被保険者以外の人」という事で、被保険者となる人の範囲は下記のようになっています。他人=自分以外ではありませんので間違いのないようにしてください。(※ 被保険者=補償の対象になる人の事)

対人賠償保険の被保険者

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者または配偶者の同居親族
  4. 記名被保険者または配偶者の別居の未婚の子
  5. 許諾被保険者
  6. 記名被保険者の使用者

※ 許諾被保険者というのは、記名被保険者の承諾を得て車を管理・使用している人の事です。

このように、上記に該当する被保険者を死傷させた場合は、対人賠償保険の支払い対象にならないので注意してください。

保険金の対象になる場合・ならない場合

下記のどちらのケースの場合でも、同居家族、別居で未婚の子、使用者、承諾を得て車を管理・使用している人、は補償されませんので注意してください。

「対象になるケース」

  1. 事故で、「他人」を死傷させた場合
  2. 飲酒運転で事故を起こし、「他人」を死傷させた場合

「対象にならないケース」

  1. 自分の子どもや孫を死傷させた場合
  2. 記名被保険者が契約車両を使用者(会社)の業務に使用している場合

このように、保険金の対象になるケースと、ならないケースがあるので、間違いのないように覚えておくといいでしょう。

対人賠償保険の補償額

対人賠償保険の補償額は、「過失割合」によって大きく変わる事になります。

過失割合は、事故を起こした双方の過失の割合(程度)で、双方がどれくらい不注意であったかを割合で示したものです。たとえば、車を運転して、車どうしの接触事故を起こした場合、一方が前方不注意だったので過失割合は6、相手は4などと認定される事になります。

過失割合で保険金額が変わる

対人賠償保険の保険金額は、過失の割合によって決まってきますが、加害者ばかりではなく被害者にも過失があると認められた場合には、その過失割合に基づいて減額された保険金が支払われる事になります。

たとえば、横断歩道を信号無視で渡っていた歩行者をはねて、後遺障害の残る事故を起こし、ケガの治療費などで1億円の損害額と認められた場合でも、それぞれの過失割合によって、支払うべき保険金額が決まります。

  • 過失割合: 加害者7 被害者3
  • 保険金額: 7,000万円(被害者が受取る保険金)

損害額1億円×加害者過失割合70%=加害者が支払う保険金(7,000万円)

このように、被害者にも落ち度がある場合は、その度合いによって過失割合が決まり、その分だけ保険金が減額されます。つまり、加害者は、自分の過失割合の分だけ賠償金を支払えばいい事になります。

車対歩行者でも過失割合が適用される

通常、車よりも歩行者の方が立場としては弱いですが、あきらかに歩行者にも過失があると認められた場合には、過失割合によって補償額が減らされる事もあります。つまり、歩行者の信号無視、横断歩道でない所を渡ったなど、歩行者にも悪い部分があれば、補償額は減額されます。

ですが、加害者が全面的に悪い過失割合が加害者10・被害者0のような場合は、保険金は全額支払われます。

車対車の場合10対0は殆どない

また、車対車の事故の場合は、加害者が一方的に悪かったというケースは殆どありません。それぞれが一定の過失をおかしたと認定される事が多く、その際の過失割合は、過去の事故事例などから基本的な割合が決められていて、それを基に個別に過失割合を決めていく事になっています。

対人賠償保険:まとめ

事故を起こした場合の賠償額は、死傷させた相手の年収や年齢によって決まってきます。年齢で言えば、若い世代の人を死傷させた場合の補償額は大きくなる傾向にあります。また、職業でも医師など高額な収入のある人を死傷させた場合、億単位の賠償額になるようです。

自賠責保険だけでは、補償額が高額になった場合に支払う事ができないと言うのが現実ですので、事故にちゃんと対応するためにも、対人賠償保険のような任意保険が必要になります。

任意保険の中心は「対人賠償保険」ですので、そのことからすれば任意保険に入る目的は、この対人賠償保険に入るため、と言っても過言ではないでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑