*

車を廃車した時は自動車保険の中断証明書を取得する

車を廃車した時は自動車保険の中断証明書を取得する

車を手放す場合に、今まで加入していた自動車保険は解約しない方が良いかも知れません。もちろん、同居の親族などに保険を譲るのも良い考えですが、何年かしてまた車に乗るようになったときに、その保険が使えるかも知れません。

その時のためにも、「中断証明書」を取得しておくと良いでしょう。

中断証明書を取得しておけば、また車に乗るようになり自動車保険が必要になった場合に、中断した時点の等級から再びスタートする事ができますので、新しく保険に入り直すより、はるかに得するハズです。

中断証明書を取得する

車を廃車にする場合や、転勤などで車が不要になった場合などでは、車の任意保険も同時に不要になります。この時に、任意保険を解約するのではなく、中断としておけば後からまた使う事ができます。

そのためには、中断証明書という書類が必要になりますが、以下の条件を満たせば「中断証明書」が発行され、最長で10年間は中断したときの等級を引き継ぐ事ができます。

中断証明書の発行条件

  • 解約日、満期日までに譲渡、廃車、リース業者への返還手続きが済んでいる
  • 解約日、満期日までに車検が切れていて継続して車検を受けない
  • 解約日までに抹消登録が完了している
  • 中断前の等級が7等級以上である(中断前に事故があって等級が下がった場合、その等級が7等級以上であること)

車を廃車したり、リース業者へ返したり、車検を受けない場合に中断証明書が取得できます。保険のみを解約する場合や、同居の親族に保険を譲る場合は、中断証明書は発行されません。

中断証明書発行に必要な書類

  • 中断証明書(保険会社発行)
  • 廃車・譲渡・返還したことを証明する書類
  • 中断前の保険証券(コピー)

これらの書類をそろえて、保険会社に送り手続きをします。中断証明書は保険会社発行の書類ですから、一度、保険会社に連絡して「中断証明書」を取り寄せる必要があります。

必要書類を保険会社に送り、保険会社が書類の内容をチェックし、間違いや不備等が無ければ「中断証明書」が発行されます。

中断証明書を使って任意保険に入る場合

中断証明書の有効期限は最長で10年ありますので、この期間のうちには再び車を購入して、任意保険に加入するかもしれません。その際には、以前に取得した「中断証明書」を使って保険に入る事ができます。

新しく任意保険に入る場合は、以前に加入していた保険会社でなくても問題ありません。以前はA社だったが、今回は保険料の安いB社と言う事でも大丈夫です。

中断証明書が使える場合

中断証明書を使って新しく任意保険に入る場合は、通常の場合の「車検証」と「免許証」に加えて「中断証明書」が揃っていれば手続きはできますが、いくつか条件があります。

  • 中断日から、保険の契約開始日までの期間が10年以内である
  • 海外渡航の場合、新契約の始期日が出国の翌日から起算して10年以内で、帰国日の翌日から1年以内である
  • 新しい車を取得してから1年以内の加入である
  • 中断前後で車の所有者が同一である
  • 中断前後で自動車保険の被保険者が同一である
  • 中断前後で車の用途・車種区分が同一である

上記の「新しい車を取得してから1年以内の加入である」の部分は、保険会社によって1ヶ月以内としているところもありますので、加入する保険会社の場合を確認する必要があります。

また、「車の所有者が同一」や「被保険者が同一」などの「同一」の部分には、記名被保険者の配偶者や同居の親族も含まれます。

このため、親の中断証明書を使って子供が任意保険に加入する事も可能です。等級がかなり上った状態で中断証明書を取得していれば、その等級をそのまま引き継ぐ事になりますので、新規で任意保険に入る場合よりも有利な条件で加入できます。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑