*

任意保険の見積もり・契約・乗り換え時に必要な書類と手続き方法

任意保険の見積もり・契約・乗り換え時に必要な書類と手続き方法

 任意保険の見積もりをする場合や、今の保険をそのまま継続する場合、保険会社を別のところに乗り換える場合などの手続きをする時に、必ず必要になるのが「車検証」や「免許証」です。

また、安い自動車保険が見つかったので、その保険会社へ乗り換える時には、上記の書類の他に今の自動車保険の「保険証券」も必要になります。

これらの書類は、代理店型の任意保険でも、ネット経由で見積もりや契約をするダイレクト自動車保険の場合でも必ず必要になりますので、書類を手元においてから見積もりや契約などの手続きを始めると良いでしょう。

「任意保険の見積もり時などに必要なもの」

  1. 車の情報が記載された「車検証」
  2. 契約者の情報が記載された「運転免許証」
  3. 補償内容が記載された「保険証券」(乗り換えの場合)

これだけの書類をそろえてから、手続きに入ります。

なお、車が納車されていないので車検証が無いという方は、納車日前であっても、車を購入した販売店には車検証が届いていますので、販売店に連絡して、車検証をFAXしてもらう、または販売店が近ければ取りに行くなどして、手元に車検証を用意してください。

任意保険は、車が納車された時点で有効になっていなければいけません。保険が有効になっていなくても車に乗ることはできますが、事故を起こしても補償されない事になりますから、必ず納車日に間に合うように手続きする必要があります。

見積もり・契約・乗り換え手続き

上記の書類が揃ったら、見積もりなどの手続きに入ります。

代理店型の自動車保険の場合は、必要書類を代理店の担当者に渡して手続きをしてもらうだけです。自分でする事は、書類をそろえる事くらいで、あとの手続きは代理店がやってくれます。

ダイレクト自動車保険の場合は、書類を手元において、ネットから見積もりなどの作業を行います。

ダイレクト自動車保険の見積もり・契約

ダイレクト型の場合は、すべての手続きがネットで行えます。見積もりをする場合も、車検証や免許証に書かれている内容を基にすすめていけますので、短時間で見積もりを取ることができます。

見積もりをする場合は、複数の保険会社から見積もりを取り寄せ、それぞれの保険会社を比較するのが一般的です。この場合、一括見積もりサービスを使えば、一度に複数の保険会社へ見積もり依頼できますので、時間も手間も短縮する事ができます。

任意保険を乗り換える場合

任意保険を乗り換える場合も、複数の保険会社を比較して新しい保険会社を見つけるのが基本です。

乗り換える場合には、同時に補償内容の見直しもするといいでしょう。今までは、必要と感じながらも付けていなかった補償や、逆に、今までは付帯していたけれども、あまり必要性を感じない補償などは、この機会に「付ける・外す」を検討してみると良いでしょう。

ただし、補償内容は漏れが無いように慎重に確認をしなければいけません。ダイレクト型に乗り換えて、保険料が安くなったと思ったら、必要な補償が付いていなかったとならないように気をつけてください。

任意保険を乗り換える時期は、やはり満期更新の時期に合わせてするのが一番簡単です。今の保険の終了日が新しい保険の開始日となるように加入し契約すれば、等級も問題なく引き継がれます。

また、満期日以外の契約期間中でも乗り換えをする事はできますが、等級の引継ぎに少し注意が必要です。

つまり、保険会社を契約途中で切り替えたことによって、等級の引継ぎがスムーズに行かない可能性があるのです。

このような場合のために、保険会社で用意しているのが「保険期間通算特則」です。この特則を使えば、保険期間の途中で保険会社を乗り換えても、等級の引継ぎで損をする事はありません。

参考)途中で他社へ切り替える時の保険期間通算特則

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑