*

車の保険はネットで見積もり・契約すると保険料が安い

車の保険はネットで見積もり・契約すると保険料が安い

 車の保険に入る場合も、ネットから入ると保険料の安い保険に入る事ができます。今は、車の保険の任意保険も、人の保険の生命保険や医療保険もネットから入る時代ですから、積極的にネットを活用して自分にとって保険料も安く補償も納得のいく良い保険を見つけてください。

最近では、よくテレビCMなどで流れている車の保険は、殆どがダイレクト自動車保険と呼ばれる保険料の安いタイプのものです。通販型などと言われる事もありますが、まったく同じものです。つまり、「ダイレクト自動車保険=通販型自動車保険」だと理解してください。

このダイレクト型の自動車保険の加入経路は、主にネット経由と言う事になります。販売代理店などの組織を持たないため、その代理店にかかる経費を削減でき、加入者の保険料を安くできるという仕組みになっています。

車の保険には、ダイレクト型以外にも、代理店という組織を持つ「代理店型」という、従来からの販売方式もあります。

では、車の保険の中でも「ダイレクト型の自動車保険」には、どのようなメリットがあるのでしょうか。また、デメリットには何があるのでしょうか。

車の保険のメリット(ダイレクト型の場合)

  1. 保険料が安い
  2. 24時間365日いつでも申し込める
  3. 申込から契約完了までが早い
  4. 一括見積もりで複数社を比較できる

メリットとして一番大きいのは、やはり「保険料が安い」と言うことです。一括見積もりサービスを提供している会社の調べでは、平均して27,000円以上も保険料が安くなっているそうです。

同じ補償を付けるのなら、少しでも保険料の負担は小さい方が良いので、車の保険の見積もりをする場合は、一括見積もりサービスの利用をオススメします。

一括見積もりでは、複数の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、メールで送られてきた見積もりを比較することで、保険料の一番安い保険を見つける事ができるからです。

また、ネットならではの利点と言えるのは、24時間365日申込ができる事です。朝早くであろうが、夜中であろうがネットさえ繋がっていれば、見積もりは出来ます。見積もりのために、代理店などに行くこともありませんので、大幅に手間が省けるでしょう。

さらに、一括見積もりを使った場合では、見積もりをした結果が直ぐに(数分程度)送られてきますので、その場で補償内容や保険料を確認して契約という事も可能です。見積もりから契約までを、すべてネットで行う事ができますから、時間の無い方でも手軽に利用する事ができるでしょう。

参考)私の姪が車の保険を申し込みました

車の保険のデメリット(ダイレクト型の場合)

  1. 自分で補償内容を決めなければいけない
  2. 申込から契約まで自分でしなければいけない
  3. ネット環境が無ければ申し込めない

デメリットしては、このくらいでしょうか。

まず、補償内容は自分で決めなければいけません。もちろん、夫婦で相談しながらとか、友人などに相談しながらというのも良いと思います。

ただ、初めて車の保険に入る場合は、補償をどの程度にすれば良いのかなど不安なこともありますから、そういう場合は、他の人がどうの程度の補償を付けているのかなどを参考にしながら決めると良いでしょう。

その場合は、「任意保険の加入例」などを参考にしながら決めてください。

また、今までも保険に入っていて、見直しなどで保険会社を切り替えるような場合は、今までの経験上、どの程度の補償が必要か分かっていると思いますので、自分で決めることもあまり苦にならないと思います。

いずれにしても、車の保険を見積もり・契約する時は、1社だけみて決めずに、複数の保険会社から見積もりを取る事が、保険料を安くするためのコツです。保険料は、すべての保険会社で同じではありませんので。

通販型で申し込む際は、インターネット環境が無い人は、難しいかも知れません。ただ、ネット環境は、インターネットに繋がる機器があれば良いだけなので、パソコンが無くても、スマートフォンやタブレット端末などを持っていれば大丈夫です。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑