*

任意保険の入り方:通販型ダイレクト自動車保険の保険料が安い

任意保険の入り方:通販型ダイレクト自動車保険の保険料が安い

車を運転するなら必ず任意保険に入らなければいけませんが、その任意保険の入り方には「車を買ったディーラーなどで代理店型の任意保険に入る」と「インターネットを経由して通販型のダイレクト自動車保険に入る」という2通りの方法があります。

どちらのタイプの任意保険に入るかは、それぞれの特徴などを把握したうえで検討し決めると良いでしょう。

では最初に、代理店型と通販型の特徴をザックリとおさえておきましょう。

代理店型 通販型
保険料 高くなる 安くなる
申し込み時の手間 代理店の担当者に一任 ネットで自分で手続き
事故対応能力(※) 優れる やや劣る

※ 事故対応能力に関しては、自動車保険満足度アンケートの結果によります。

代理店型の自動車保険は以前からあるタイプの任意保険で、車のディーラーや中古車販売店などで、車を買った際に一緒に加入できるタイプのものです。専門の損保代理店で入ることもできます。

特徴としては

  1. 担当者と補償内容を相談しながら入れるので手間がかからない
  2. 担当者がいるのでもしも時の安心感がある
  3. 保険料は通販型に比べ高くなる

などが、すぐに思いつくことでしょうか。

代理店型の任意保険の場合は、保険に入る時に応対してくれるのが「人」ということで、なんとなく安心感があるのかも知れません。

また、事故の時の対応も、この人に頼めば良いという頼りがいがあるのかも知れません(全ての代理店が緊急時に直ぐに対応してくれるとは限りませんので注意してください)。

一方、通販型のダイレクト自動車保険の場合は、主にインターネットを経由して入る事になります。テレビCMなどで流れているものの多くが「通販型」と呼ばれるタイプの任意保険です。

たとえば「保険料は走る分だけ」などで知られている、ソニー損保などが通販型と呼ばれる自動車保険になります。

特徴としては

  1. 加入は主にネット経由で行う
  2. 補償や特約などは自分で決める
  3. ネットの利点を活かして複数の会社の見積もりを比較できる
  4. インターネット割引がある
  5. 代理店型と比べて保険料が安い

任意保険という保険商品は、代理店型でも通販型でもまったく同じものです。もちろん、すべての保険会社で同じ商品を販売しているわけではありませんので、保険会社による違いはあります。また、保険料も保険会社によって異なります。

また、通販型の場合は、どういう補償内容にするか、特約は何が必要かなどを全て自分で決めて、その決めた内容に従ってネット上で入力や選択をしていかなければなりませんので、加入時の手間が代理店型よりも多くなります。

しかし、保険料は代理店型よりも平均して2~3割、多い人であれば4割以上も保険料が安くなる可能性がありますので、このことを考えれば、加入時の手間に拘る必要はないでしょう。

また、万一の時の事故対応についても、代理店型と通販型でそれほど大きな違いはありませんが、事故対応満足度ランキングをみる限りでは、代理店型の方が優位に立つようです。

自動車保険顧客満足度ランキング2015年版

任意保険に入る時に必要なもの

任意保険に入るときには、以下の書類などを準備するだけです。

  1. 車検証
  2. 免許証
  3. 保険証券(前契約がある場合)

前契約がある場合でも、保険証券を発行していないなどの理由で、最初から保険証券がないこともありますので、よく確認しておいてください。

なお、代理店型の場合は、これらの書類の他に印鑑も必要となりますので、忘れずに持っていくと良いでしょう。

注)任意保険の補償は、保険料が支払われなければ有効になりませんので、契約を締結したらできるだけ早く保険料の支払いを済ませてください。

任意保険に入るならダイレクト自動車保険

先日、私の姪が自動車保険に入りました。免許は以前から持っていましたが、自分の車を持つのは初めてなので、中古車を買ったのと同時に任意保険にも入りました。もちろん、保険料の安いダイレクト型の保険です。

納車が10/31なので、翌日の11/1より任意保険の補償が始まるように、ネットの一括見積もりサービスを利用して加入する保険会社を探し、見積もりを取り寄せ、届いた見積もりを比較し、最も保険料の安い保険会社と契約、という手順で進めました。

見積もりは、8社からメールで届き、所要時間もほんの数分というところです。

その中から、彼女の条件で最も保険料の安い保険会社と、その日のうちに契約しました。見積もりする時に、補償内容などは考えながら入力しましたので、届いた見積もり結果メールを比較し、その中から保険料が最も安かった会社を選んだということです。

保険料は、コンビニから支払を直ぐに済ませましたので、無事に11/1から任意保険の補償が開始されています。

これは、自分の姪が一括見積もりサービスを使って、通販型のダイレクト自動車保険に申し込んだ時のものですが、見積もりを始めてから、契約までするのに要した時間は、考える時間も含めて20分~30分程度でしたので、時間のない忙しい方にもオススメです。

すべてがネットで完結しますし、保険料もかなり安くなりますから、これから自動車保険に入る人や、今までの任意保険を見直す人は、一度、一括見積もりを使って、複数の会社から見積もりを取り寄せてみると良いでしょう。

ちなみに、姪の任意保険の保険料は、22,000円(通販型の保険会社)~56,000円(代理店型の保険会社)までの開きがありました。同じ条件でも、保険会社によって、これくらの違いがありました。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑