*

弁護士費用や延滞損害金も請求できる

弁護士費用や延滞損害金も請求できる

 交通事故の損害賠償請求で裁判を行う場合、被害者が依頼した弁護士に支払う報酬の一部を、加害者側に請求する事ができます。

被害者が弁護士を依頼する場合、一般的には依頼時に着手金や訴訟費用(裁判や調停をするために必要な費用)の実費を支払い、裁判などが終了して、すべて解決した時点で弁護士報酬の支払をする約束をします。

この裁判などにかかる弁護士費用の一部も、損害として請求する事ができます。

一般的に、弁護士費用は損害賠償額の10%程度となっていますが、損害賠償額が高額な場合は、弁護士費用は減額され5%程度か、もしくは5%以下とされることもあるようです。

なお、事故の被害者が弁護士を依頼すると言っても、都合よく弁護士の知り合いがいればいいですが、なかなか普通の人は弁護士の知り合いがいるもではありません。

そういう場合は、全国各地の弁護士会の相談窓口に相談し、交通事故に詳しい弁護士を紹介してもらう事ができます。また、日弁連交通事故相談センターの法律相談に行けば、センターの嘱託弁護士なども紹介してもらう事ができます。

弁護士を依頼する場合に困ったら、これらの相談窓口も利用するといいでしょう。なお、全国各地の弁護士会は、ネット検索で「地名+弁護士会」で検索すると見つけることができます。

延滞損害金も請求できる

事故に遭ってから、実際に損害賠償金としての保険金が支払われるまでには相当な日数がかかります。

そのため、支払われるまでの期間は保険金支払いが延滞していたとして、事故が発生した日から、実際に保険金が支払われるまでの間、年5%の割合で延滞損害金を請求できる事になっています。

ただし、注意点もあり、被害者側で裁判を起こし判決が出た場合は、裁判所は延滞損害金の請求を認めますが、それ以外の方法で解決した場合は、保険会社に対して延滞損害金の請求をしても拒否される場合が殆どです。

この、それ以外の方法で解決する場合とは、「裁判を起こしても和解や調停で解決」したり、「話し合いによる示談で解決」した場合です。こういう場合は、延滞損害金の請求は、現実問題としてできないと考えてください。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑