*

入院雑費として何が認められるの

入院雑費として何が認められるの

 事故の被害者が入院している時には、1日中治療をしているわけではなく、家族や友人、知人と電話をしたり、新聞や雑誌を読んだり、テレビを見たりしていますが、これらをするためにかかった費用も入院雑費として損害賠償請求をする事ができます。

入院雑費とは、以下のように入院中にかかる費用です。

「入院雑費の種類」

  • 通信費
  • 日用品の購入費
  • 栄養補給費
  • 文化費
  • 家族通院交通費

通信費は、入院中に家族や友人・知人、または会社などに電話をかけたり、手紙を出したりする場合の費用です。

日用品の購入費は、入院中に使うパジャマや下着、洗面道具、食器などを購入するための費用です。入院する時に、家から持ってくれば良いかもしれませんが、急に必要になる場合もあるため認められています。

栄養補給費は、医師の指示で、入院中に摂取するように言われた食品などの購入費です。たとえば、ヨーグルトや牛乳などの乳製品です。

文化費は、入院中に読む雑誌や新聞などの代金や、テレビやラジオのレンタル費用、またはテレビカード代などがこれに含まれます。

家族通院交通費は、家族が見舞いや身の回りの世話をするために通院するための交通費ですが、これには一定の上限が決められていて、それ以上出費した場合でも原則認められないようです。

入院雑費は1日1,100円まで

入院雑費は、支出した金額も少なく、煩雑になる場合が殆どですから、自賠責保険などでは、1日1,100円と認定しています。

ただし、判例では、1日あたり1,400円~1,600円としていますから、ケースによって異なるでしょうが、1日あたり1,100円~1,600円の範囲と考えておくといいでしょう。

また、自賠責の1日あたり1,100円も、資料によって1,100円を超えると明らかな場合は、妥当な実費に限り認められる場合もあります。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑