*

自転車と車の事故-交差点事故の過失相殺

自転車と車の事故-交差点事故の過失相殺

 自転車と車が共に直進していて、交差点で事故を起こした場合の過失相殺です。この事故の場合、交差点に信号機があるかないかによって過失割合は異なります。

自転車と車のすべての事故のケースで、車が悪いと考えがちですが、自転車にも事故を起こした責任がありますから、当然ですが過失が問われます。

自転車と車の事故(信号機がある場合)

直進同士の自転車と車の事故では、その状況によって、それぞれの過失割合は変わってきます。

両方の車両の状況 自転車の
過失割合
自動車の
過失割合
自転車が青信号で交差点に入り、車は赤信号で交差点に入って事故を起こした場合 0% 100%
自転車が赤信号で交差点に入り、車は青信号で交差点に入って事故を起こした場合 80% 20%
自転車が黄信号で交差点に入り、車は赤信号で交差点に入って事故を起こした場合 10% 90%
自転車が黄信号で交差点に入り事故発生時は赤、車は青信号で交差点に入って事故を起こした場合 40% 60%
自転車が赤信号で交差点に入り、車は黄信号で交差点に入って事故を起こした場合 60% 40%
自転車も車も赤信号で交差点に入り事故を起こした場合 30% 70%

自転車と自動車の事故の基本過失割合は上記のようになります。

基本過失割合に加算・減算される要素

この基本過失割合に、「自転車のスピードが速かった」「夜間だった」「車が明らかに先に交差点に進入していた」「幹線道路だった」などの場合には、自転車の過失は、基本過失割合よりも大きく評価されることになります。

逆に、「自動車の速度違反」「自転車が明らかに先に交差点に進入していた」「住宅街や商店街だった」などの場合は、自転車の過失は、基本過失割合よりも小さく評価されます。

自転車と車の事故(信号機が無い場合)

信号機のない交差点で事故を起こした場合、一方の道路の幅が広い場合や、優先道路である場合、また、一方に一時停止違反がある場合は、過失割合も変わってきます。

両方の車両の状況と道路の状況や標識の有無 自転車の
過失割合
自動車の
過失割合
同程度の幅の道路を直進する自転車と車が事故を起こした場合 20% 80%
狭い道路を直進してきた車と、広い道路を直進してきた自転車が事故を起こした場合 10% 90%
狭い道路を直進してきた自転車と、広い道路を直進してきた車が事故を起こした場合 30% 70%
優先道路を直進してきた自転車と、優先でない道路を直進してきた車が事故を起こした場合 10% 90%
優先道路を直進してきた車と、優先でない道路を直進してきた自転車が事故を起こした場合 40% 60%
自転車と、一時停止違反をした車が事故を起こした場合 10% 90%
車と、一時停止違反をした自転車が事故を起こした場合 40% 60%

一方の道路の幅が広い場合や、優先道路である場合、一方に一時停止違反がある場合は、上記のような基本過失割合が適用されます。

この基本過失割合に、信号機のある交差点での事故と同様に「基本過失割合に加算・減算される要素」を適用し、過失割合が最終的に調整されます。

自転車の交通違反の種類

参考までに、自転車の交通違反の主なものを載せておきます。

違反の種類 罰則規定
飲酒運転 5年以下の懲役または、100万円以下の罰金
信号無視・一時停止違反・通行禁止・遮断踏切立入 3月以下の懲役または、5万円以下の罰金
通行区分)
歩道・路側帯通行
3月以下の懲役または、5万円以下の罰金
通行区分)
歩行者の通行妨害
2万円以下の罰金
二人乗り 2万円以下の罰金
無灯火、携帯電話を使用、傘さし運転、ブレーキ不良車運転 5万円以下の罰金

最後の違反項目の、無灯火(ライトを点けずに運転)や、傘をさしながら自転車に乗っている人は、よくみかけると思いますが、この違反だけでも「5万円以下の罰金」になりますから、自転車に乗る場合も十分に気をつけなければいけません。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑