*

車と歩行者の過失相殺

車と歩行者の過失相殺

 過失相殺の例として、信号機のある横断歩道を歩いていた歩行者が車に衝突された事故の場合をみていきます。

このケースの場合では、歩行者が横断歩道を渡っていた時の信号の色、また、車の運転手が見ていた信号の色などによって状況は変わってきます。たとえば、歩行者が赤信号を無視して横断していた場合は、歩行者の過失割合も大きくなる可能性があります。

歩行者の過失割合は状況により異なる

信号機のある横断歩道を歩行者が横断中に車にはねられた場合、歩行者側の信号の色によって、歩行者の過失割合は以下のように変わってきます。

歩行者側の信号が青の場合

車の状況 歩行者の過失割合
車側の信号が、どうのような状態でも過失割合は100%となります。 0%

歩行者側の信号が黄の場合

車の状況 歩行者の過失割合
車側の信号が赤だった場合 10%
車側の信号が黄だった場合 20%
車側の信号が青だった場合 30%

歩行者側の信号が赤の場合

車の状況 歩行者の過失割合
車側の信号が赤だった場合 20%
車側の信号が黄だった場合 50%
車側の信号が青だった場合 70%

歩行者側の信号が青だったが横断中に赤になった場合

歩行者の状況 歩行者の過失割合
横断し終わる直前、または安全地帯の直前 10%
安全地帯のない道路の中央付近 20%
安全地帯の通過直後 30%

このケースは日常的によく経験します。信号が点滅しているのに急いで横断して、渡り終わる頃には赤信号に変わっていると言うような場合です。

こういう時に事故に遭ってしまったら、歩行者の過失割合も10%~30%となっていますから、損害賠償の保険金が支払われたとしても、過失相殺で減額されてしまいますし、ケガで痛い思いもしますから、十分に気をつけたいものです。

上記のように、原則的に過失割合は決められていて一律に適用されますが、歩行者が子供である場合や、加害者に著しい過失があった場合などでは、歩行者の過失割合が少なくなる事もあります。

また、これとは逆に歩行者側に重大な過失があった場合は、過失割合が加算され大きくなる事もあります。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑