*

高速道路合流地点での車同士の事故の過失相殺

高速道路合流地点での車同士の事故の過失相殺

 高速道路の進入路から進入する際の事故として、高速道路との合流地点で衝突したケースで過失割合をみていきます。

進入路から進入する際の事故追越車線や走行車線からの進路変更時の事故

左図は、高速道路進入路から高速道路本線へ進入する際の事故で、右図は、追越車線や走行車線からの車線変更に伴う割り込み事故を表しています。

高速道路進入時の事故による過失割合

高速道路を運転する際には、一般道から高速進入路を利用して、高速の本線に合流する事になりますが、この瞬間が一番緊張する時間です。

合流する際には、本線後方から車が来ないか慎重に確認するのですが、ちょっとした不注意から事故を起こしてしまうことがあります。

左図で、本線を走行中の車Aと本線に合流しようと進入する車Bとの衝突事故の場合の基本過失割合は、本線走行中の車Aが30%、合流しようとしている車Bが70%となっています。

この基本過失割合に、その時の道路の状況や、走行の状態などに加算要素あるかどうか判断され、加算要素があると判断されれば、過失割合がプラスされ、それぞれの車の過失割合が決まります。

たとえば、高速の本線を走る車Aでは、終点付近かどうか、B車の先入、混雑していたかどうか、著しい高速違反などがあればプラス要素となり、進入するB車では、進入路手前での進入、進入速度が極めて遅いなどがプラス要素となります。

進路変更と割込事故

上記の右図の場合は、追越車線から走行車線へ、走行車線から走行車線へ進路変更する割込事故の場合ですが、この場合の基本過失割合は、直進する車Aが30%、進路変更し割り込む車Bが70%となります。

加算要素としては、車A側には著しい速度違反、分岐点や出入口など、B車側には、進路変更の合図なし、出遅れ、直前割込み、車線変更禁止区間、車線変更時の速度が著しく遅い、側面衝突などがあげられます。

上記の左図で、走行車線から追越車線への進路変更による割込事故の場合の過失割合は、直進する車Aが20%で、進路変更をする割込車Bは80%となります。

割込事故による、基本過失割合と修正要素(加算要素)は、以下の通りとなりますので参考にしてください。

進路変更による割込事故の基本割合と修正要素

車Aの過失割合 車Bの過失割合
基本過失割合 加算要素 基本過失割合 加算要素
右図 30% 著しい速度違反や分岐点・出入口など 70% 合図なし、出遅れ、直前割込み、車線変更禁止区間、車線変更時の速度が著しく遅い、側面衝突
左図 20% 80%

スポンサー »

事故車を売るなら「カービュー事故車査定」

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑