*

示談交渉成立後の保険金請求の手続きと流れ

示談交渉成立後の保険金請求の手続きと流れ

示談交渉成立後には、いよいよ保険金(賠償金)の請求ができることになります。

まず、自動車保険には、強制保険である自賠責保険(購入時や車検のときに加入する)と、自らの意思で任意に加入する任意保険がありますので、それぞれの保険金請求の手続きと流れを確認しておきます。

自賠責保険に請求する場合

まず、自賠責保険の請求は、加害者の契約している自賠責保険の保険会社に対して請求することになります。

請求する人は、原則として加害者本人となります。

加害者が示談で決まった倍賞額を保険会社に対して請求することになりますが、加害者が誠意のない人の場合では、稀に、受取った保険金を被害者に渡さないなどのトラブルが起きることがあります。

加害者に誠意が無いとか、示談に立ち会ってもらえなかった、示談が成立しているのに本人が保険会社に請求しないという場合には、加害者の保険会社に対して被害者が直接請求する(被害者請求)ことができます。

「示談成立から保険金受取りまでの流れ」

  1. 示談交渉が成立した
  2. 加害者の自賠責保険に請求
  3. 保険会社が損害保険料率算出機構の調査事務所へ事故調査を依頼
  4. 請求書類に基づいて損害額の調査をする
  5. 調査結果を保険会社に報告する
  6. 損害賠償金を請求者に支払う

加害者が自賠責保険にしか入っていない場合は、ここまでの手続きで終了となります。

任意保険に請求する場合

ここからは、加害者が任意保険にも入っている場合の請求手続きの流れになります。

自賠責保険は、人身事故(人がからむ事故)に対してしか保険金が支払われませんので、物損事故の場合では保険金は支払われません。

事故が物損事故の場合であったり、人身事故で自賠責保険から保険金の支払を受けたが、受取った賠償金の額が不足している場合は、任意保険に対して、物損事故の保険金や、人身事故の賠償金の不足額を請求することになります。

請求方法

加害者が任意保険に加入している場合は、任意保険に対して損害額の全額を請求し(自賠責には請求しない)、任意保険の方から保険金の支払を受けます。

その後、任意保険の保険会社が自賠責保険の保険会社に対して、自賠責保険から支払われるべきだった保険金を請求するという流れになります。

請求する人が、自賠責保険と任意保険の両方に請求する煩わしさを軽減するために、このような方法がとられています。

保険金を請求するのに必要な書類は、自賠責保険と任意保険でほぼ同じ書類となりますので、「任意保険の保険金請求に必要な書類の一覧」を参考に、準備しておくと良いでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑