*

示談交渉を始めるタイミングはいつ

示談交渉を始めるタイミングはいつ

事故を起こせば、被害者と加害者の双方で示談交渉をしなければなりませんが、示談の話し合いを始めるタイミングはいつがベストなのでしょうか。

まず、確認しなければならないのは、被害者がケガなどで入院や通院していないかということです。

被害者が事故の損害賠償を請求する場合、ケガの治療費、慰謝料、逸失利益などの損害額を明確にしてからでなければ、実際の損害額がわかりません。

そのため、示談交渉は被害者の治療(ケガで治療していた場合)が済んでからになります。

治療にかかる費用や生活費などの負担が大きすぎる場合は、損害賠償の内金(内払金)という形で、当面の費用を一時金として支払うよう請求することもできますので、治療が完了し正当な損害額を計算してから示談交渉を始めると良いでしょう。

自賠責保険の仮渡金と内払金

なお、事故から2年が経過してしまうと、保険会社に対する損害賠償請求はできなくなりますので、注意しましょう。

また、加害者が任意保険に入っていない場合で、加害者自身に経済力が無い場合は、損害賠償を受けることができませんので、この点にも注意する必要があります。

任意保険の加入率は、自動車共済と民間の自動車保険を合算しても8割を超えるくらいですから、残りの2割程度は無保険(自賠責保険のみで任意保険に入っていないという意味)ということになります。

もし、運悪くこのような加害者と事故を起こしてしまえば、倍賞請求をしても支払うことができず、結局は被害者の泣き寝入りという事もありますから、要注意ですし、この事実を覚えておくと良いでしょう。

ケガ(傷害)の場合の示談交渉

事故でケガをして治療していた場合、そのケガが完治し、リハビリの必要が無くなった段階で、治療費、入院や通院の費用、逸失利益、慰謝料などの計算ができるようになり、示談の交渉も可能となります。

加害者が任意保険に入っているのなら、通常、保険会社の方から示談交渉の開始時期についての連絡がありますが、気になるようであれば、自身の方から加害者に対して示談を始めるよう促しても良いでしょう。

示談交渉は1回で終わるものではなく、数回に渡って行われるのが普通です。

最初の1回目は、挨拶程度の軽い感じで終わることが多く、その後、回を重ねるに従って具体的な損害賠償額が提示されます。

しかし、損害賠償額が提示されたからといって、直ぐに示談書にサインすることはありません。示談書にサインしてしまえば、後から、新しい事実が出てきたからといって、示談をやり直すということができませんので、ここは慎重になってください。

保険会社からは、自社の損害賠償基準に従った賠償額が提示されますが、これは、一般的に賠償額が低く設定されている可能性がありますので、この段階では、一度持ち帰って弁護士などと検討することになります。

示談交渉は、この時から本格的な段階に入ることになります。

死亡事故の場合の示談交渉

死亡事故の示談交渉は、感情的なこともあり、話し合いがこじれることもあるようですが、遺族となった家族のその後の生活の事を考えれば、なるべく早く示談交渉を済ませ、賠償金を支払ってもらうようにしましょう。

世の中にはいろいろな人がいるもので、死亡事故の加害者となっても誠意のある対応をしない人もいるようです。

このような加害者と出会い、示談の話し合いがなかなか纏まらない場合は、遺族の方から加害者の自賠責保険に被害者請求をすることもできますので、示談がうまく進まない場合は、検討してみてください。

自賠責保険の被害者請求

また、示談交渉について、加害者から何の連絡も無い場合は、内容証明郵便を使って交渉の開始を申し入れてください。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑