*

交通事故の加害者が未成年の場合には親にも責任がある

交通事故の加害者が未成年の場合には親にも責任がある

 交通事故が起きたとき、加害者が未成年という場合があると思います。車の免許は18歳から取得できますから、特に珍しいことでもありませんが、未成年者の場合、任意保険に加入していない人も多いようです。

事故に遭った時に、加害者が未成年者の場合は、任意保険に入っていない人も多いので、損害賠償能力に欠ける事が殆どです。このため、被害者に対する補償を十分に行えないケースが多くなっています。

未成年者でも、年令が13歳程度になれば、一応の責任能力があると法律では規定されていますが、現実問題として13歳の子供に責任能力があるとは思えません。年令が免許を取りたての18歳の場合であっても、任意保険に加入していない状態であれば、とうてい満足いく補償をする事は出来ないでしょう。

未成年者が無保険車で事故を起こした場合、親も「運行供用者」としての責任が問われ、場合によっては親に対して損害賠償請求することができます。

では、親が「運行供用者」として責任が問われるケースとは、どのような場合なのでしょうか?

「運行共有者として親の責任が問われるケース」

  • 運転していた車が、親の名義であれば「運行供用者」として親にも責任があります。
  • 未成年者本人の名義でも、親に買ってもらった車の場合や、自動車税を親が払っている、ガソリン代を親が払っている場合は、やはり親が「運行共用者」として責任を問われます。
  • 未成年者本人が、以前にも交通事故を起こしていたのに、親がそれを放置していた場合も、親の監督責任が問われる可能性があります。

つまり、上記のように、事故を起こした車が親の車だった場合はもちろんですが、車の名義が子供になっていても、ガソリン代や維持費などを親が負担していた場合には、親は運行供用者となります。

これらに該当すれば、未成年者が起こした事故で、親が責任を問われる可能性が高いと考えた方がいいでしょう。

※ 運行供用者とは、その車を実質的に支配できる人の事です。

スポンサー »

事故車を売るなら「カービュー事故車査定」

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑