*

事故の損害賠償請求は誰ができるの

事故の損害賠償請求は誰ができるの

 事故に遭って被害を受けたら、相手に対して損害の賠償を請求をする事ができますが、この時に被害者本人だけではなく、被害者の配偶者や子供、父母、祖父母なども賠償請求の権利を持つ場合があります。

事故に遭って被害者本人がケガをしたような場合は、被害者本人が請求しますが、万一本人が死亡してしまった場合には、本人に代わって家族が賠償の請求をする事ができます。

親族にも独自の慰謝料請求権がある

交通事故に遭って被害者が死亡したような場合は、被害者本人に代わって、被害者の親族も相手側に対して損害賠償の請求をする事ができます。

請求できる損害には、「積極損害」や「消極損害」及び「慰謝料」の種類がありますが、これの全てについて親族でも請求する事が可能です。

参考)被害者はどんな損害賠償請求ができるのか

損害賠償請求ができる親族(=相続人)

  1. 配偶者及び子供
  2. 被害者の父母(子供がいない時)
  3. 被害者の祖父母(父母がいない時)
  4. 被害者の兄弟姉妹(子供・父母・祖父母がいない時)

被害者が死亡した場合には、その人が将来にわたって得ることができるはずだった逸失利益が発生しています。また、精神的や肉体的な苦痛をうけたことによる損害も発生しているといえます。

これらについては、被害者から相続した被害者自身の慰謝料や逸失利益の相続分に応じて、加害者に請求できます。

また、慰謝料については、被害者が死亡した事によって親族が受けた悲しみに対する慰謝料という考え方から、親族が自身の慰謝料も請求できます。これは、慰謝料を請求する権利を相続したという考え方ではなく、それぞれの親族に独立して認められている慰謝料請求権という事になります。

つまり、慰謝料に関しては、「被害者本人の慰謝料」と「親族固有の慰謝料」の両方を請求することができるのです。

これらは、すべて「民法第711条」に定められた親族の権利として認められていますので、このような状況になった場合には、行使するといいでしょう。

スポンサー »

事故車を売るなら「カービュー事故車査定」

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑