*

被害者はどんな損害賠償請求ができるのか

被害者はどんな損害賠償請求ができるのか

 事故に遭って被害を受けたら、相手に対して損害の賠償を請求できます。

人身事故や物損事故で受けた損害は、大きく分けて「積極損害」「消極損害」「慰謝料」の3つに分類され、それぞれについて、相手側に請求する事ができます。

まず、人身事故と物損事故ごとに「積極損害」「消極損害」「慰謝料」にはどのようなものがあるか見ていきます。

「人身事故の場合」

積極損害
ケガの治療費、通院のための交通費、付添看護士の費用、入院費用、弁護士費用、装具などの購入費、家屋などの改造費、葬祭関係の費用
消極損害
後遺症や死亡した事による逸失利益、休業補償
慰謝料
後遺症や死亡した事による精神的、肉体的な慰謝料

「物損事故の場合」

積極損害
車の修理費、代車費用、修理不能なら登録費用や車庫証明費用などの買い替え費用
消極損害
休業損害や営業損害

交通事故の被害者になった場合は、事故の種類によって、相手側(加害者)に対してこのような損害賠償請求ができます。

人身事故の損害賠償

自動車事故で被害者になった場合は、ケガの治療費や入院費、雑費、通院のための交通費、義足や義手・車椅子などの器具や装具、被害者が事故のために支払ったお金などを請求できます。

また、事故で入院したため仕事を休まなければいけなくなった事による、休業損害や逸失利益など、事故に遭わなければ手にいれていた利益で、事故があったために失ったお金も請求することができます。

また、慰謝料として、事故で精神的にも肉体的にも受けた苦痛を慰めるための慰謝料も請求できます。

物損事故の損害賠償

一方、物損事故の場合は、損害を受けた車の買い替え費用、または、一部だけ損害を受けた場合は、その損害の修理費用と評価損(格落ち損※1)の合計が補償されます。

また、車を修理や買い替えで納車されるまでの代車費用や休車損害※2なども補償されます。

なお、物損事故の場合では、慰謝料を請求しても殆ど認められないようです。

※1 格落ち損は、修理をしても完全に現状回復できない事からくる損害です。
※2 休車損害は、タクシーなどの営業車両(緑ナンバー)の場合で、営業主に営業損害を与える場合の損害です。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑