*

飲酒運転をして事故を起こした場合の保険金請求

飲酒運転をして事故を起こした場合の保険金請求

飲酒運転をして事故を起こした場合、自賠責保険や任意保険に対して保険金の請求はできるのでしょうか?

まず、酒酔い運転は道交法で禁止されている行為ですから、どちらの保険からも保険金が支払われることはありません。つまり、酒に酔って正常な運転ができないと知りながら運転したのですから、極端なはなし、自業自得ということでしょう。

なお、正常な運転ができるかどうかは、運転者の主観ではなく客観的に判断されることになります。

よく、自分は多少のビールやウィスキーなどを飲んでも運転には問題ないと考えている人もいるようですが、それは、その人の主観であって、他者からみれば正常な運転はできないと判断されます。

被害者や同乗者に対する補償はどうなる

では、飲酒運転の事故で、歩行者に被害を与えた場合や、同じ車に同乗者が乗っていてケガをした場合の補償はどうなるのでしょうか?

これは、運転者の場合とは異なって、自賠責や任意保険で補償されることになります。

保険会社の免責(責任を問われるのを免れること)事由の中には、「酒酔い運転では保険金を支払わない」という規定があるのですが、この規定は、運転者に対するもので、被害者となった人に対しては免責することができません。

保険は、被害者となった人を救済するための制度という理由からです。

ただし、同乗者の場合は、運転者が飲酒して運転していたということを知っている可能性もありますから、その場合は、3割くらい減額された保険金が支払われることになります。

また、任意保険の搭乗者傷害保険を契約している場合は、保険金額の定額が支払われます。

搭乗者傷害保険は、事故の損害額に応じて保険金を支払う保険ではありませんので、保険金の減額や免責などもなく保険金が支払われます。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑