*

事故の加害者が複数人いる場合の損害賠償はどうなるの

事故の加害者が複数人いる場合の損害賠償はどうなるの

事故を起こせば、加害者となる人と被害者になる人がいるわけですが、加害者が1人ではなく複数人いる場合の損害賠償負担はどうなるのでしょうか?

死亡事故の場合でこのケースについて考えてみたいと思います。

たとえば、車対車の事故を想定してみますが、事故を起こした車を車両Aと車両Bとします。

そして、車両Aに同乗していた同乗者(運転者以外の人を指しますので注意してください)が、その事故によって死亡したとします。

そうすると、車両Aに乗っていて死亡した同乗者の遺族は、事故のときに乗っていた車の運転者から損害賠償を受けることができます。同時に、事故の相手の車両Bの運転者からも損害賠償を受けることができるのです。

過失割合に関係なく損害の全額を請求できる

一般的に、事故の場合は、双方に過失があると判断されますから、その過失割合にしたがって倍賞すべき金額が決まってくるのですが、このケースの被害者の場合は、過失割合に関係なく双方に対して被害額の全額を損害賠償請求できます。

請求した損害額を車両Aの運転者側が全額支払ったとすれば、支払った後に、車両A側が車両B側に対して車両B側の負担分の支払いを求めていくことになります。

つまり、加害者が複数人いる場合、被害者はAとBのそれぞれの自賠責保険や任意保険から支払いを受けることができます。(二重に受取れるという意味ではなく、それぞれが自分の負担割合に応じて支払うということです)

なお、気をつける点としては、事故が起こっても自賠責保険が支払われない場合があるということです。

自賠責保険は、加害者に「運行共用者責任」が発生する場合のみ支払われる仕組みになっています。加害者に運行共用責任がないと判断された場合は、自賠責からの保険金は支払われないのです。

事故を起こした車を運行・管理することができる状態であった場合は運行共用者としての責任を問われることになりますが、盗難などにあい、車を運行・管理できる状態になかった場合は責任は問われないことになります。

今回のケースでは、加害者が事故を起こした車を自分でコントロールできる状態であったため、自賠責保険からの保険金が支払われるのです。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑