*

自動車損害賠償保障事業:ひき逃げや無保険車との事故を救済する制度

自動車損害賠償保障事業:ひき逃げや無保険車との事故を救済する制度

事故に遭った場合の補償は、通常、自賠責保険や任意保険、または健康保険、労災保険などで行われるのですが、これらの保険や社会保険制度でも救済されない被害者のために、最終的な救済制度として「自動車損害賠償保障事業(政府保障事業)」というものがあります。

自動車損害賠償保障事業の対象となるのは、以下のようなケースの場合です。

  1. ひき逃げの場合
  2. 無保険車との事故の場合
  3. 所有者に運行共用責任がない場合

ひき逃げの場合は、加害者が逃げていて不明ですから、損害賠償を請求する相手がいません。

また、無保険車との事故の場合は、加害者が自賠責保険には加入しているが、任意保険に入っていないため、十分な補償を受けることができない場合があります。

この場合、自賠責保険の保険金上限額を超えた分の損害は、加害者に請求するのですが、加害者に経済力がないなどの理由で、十分な補償を受けられない場合の最終的な被害者救済手段として利用できます。

運行共有責任がない場合とは、車が盗難にあい、その車が事故を起こしたような場合です。

このようなケースの場合に、補償を受けることができない被害者を救う最終的な制度として利用することができます。

請求の方法と必要書類

請求するのは被害者自身となります。

被害者は自賠責保険の保険会社を窓口として、政府に対して補償金を請求します。

その場合に必要な書類は以下の通りです。

  1. 自動車損害賠償保障事業への損害てん補請求書
  2. 請求者の印鑑証明
  3. 事故証明書
  4. 事故発生状況報告書
  5. 医師による診断書
  6. 後遺障害診断書または死亡診断書
  7. 診療報酬明細書
  8. 通院交通費明細書

これらの書類を揃えて請求しますが、ケガ・死亡・後遺症などによって必要になる書類は違ってきますので、必ず、請求先の保険会社に確認してください。

請求から支払いまでの流れ

  1. 保険会社へ請求をする
  2. 保険会社は損害保険料率算定機構へ調査を依頼する
  3. 損害保険料率算定機構から国へ調査結果を報告
  4. 国(国土交通省)がてん補決定をする
  5. 請求者にてん補額が支払われる

このような流れで手続きが進んでいきますが、てん補が決定し給付金が支払われるまでに1年以上かかることもありますので、急場をしのぐための資金にと考えているのなら、時間がかかりすぎるかも知れませんので要注意です。

給付金の額は自賠責保険の保険金と同じ額となり、ケガ(傷害)で120万円限度、死亡で3千万円限度となります。

なお、請求できる額は、労災保険・健康保険の給付を受けた残りの額についてだけ請求できることになります。

注意点

  1. 自賠責保険と異なり、事故の過失相殺が行われます
  2. 親族間の事故は救済の対象外となります
  3. 時効があります(治療終えた日・症状固定日・死亡日から3年)

自賠責保険にも過失相殺はありますが、その基準が非常に緩やかで、かなり大きな過失がない限り過失相殺されることはありません。しかし、政府事業の場合は、通常の場合と同様に過失相殺されますので覚えておいてください。

また、被害者が他の社会保障制度(健康保険など)から救済を受けることができる場合などでは、その救済を受けた分については、自動車損害賠償保障事業による救済は行われませんので注意してください。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑