*

事故と医療ミスが重なった場合の損害倍賞

事故と医療ミスが重なった場合の損害倍賞

事故と医療ミスが重なるということは珍しいことなのかも知れませんが、近年、医療機関による医療ミスが度々報道されていますので、まったく無いとは言いきれません。

ここでは、事故でケガをし、病院で治療受けたときに医療ミスを犯された場合の損害賠償について確認しておきます。

この場合は、事故の加害者と医療ミスを犯した医療機関・医師に対して損害賠償を請求できます。

損害賠償は加害者と医師に対してできる

たとえば、事故で車に跳ねられ、運ばれた病院で検査を受けたとします。結果は、軽い打撲と言われ、入院は必要なく通院のみの治療で完治するとの診断でした。

しかし、病院から自宅に戻り、しばらくすると容態が急変し亡くなってしまいました。その後、司法解剖が行われ、車に跳ねられたときに受けたと思われる、頭部の損傷が発見されました。

病院で診察を受けたときに、正しくケガの程度が診断されていれば、この被害者は死亡することはなかっはハズです。つまり、このケースは、医師が正しく診断できなかった誤診ということになり、その責任が問われることとなります。

このケースでは、事故の加害者と医療ミスを犯した医師は、ともに被害者に対して責任を負わなければならず、この両者に対して被害者は損害賠償請求をすることができます。(被害者が亡くなっているケースなので、損害賠償請求は遺族が行います)

損害賠償請求は次のようになります。

事故によって被害者が受けた精神的苦痛に対する慰謝料と、被害者が生きていれば稼げていたであろう利益(逸失利益)などの損害賠償額の合計が5千万円であれば、加害者に対して5千万円全額の損害賠償請求ができます。

また、医療ミスを犯した医師に対しても、同様に5千万円の損害賠償請求ができます。

さらには、医療ミスを犯した医師が勤務する病院に対しても、その医師に対する監督責任(使用者責任)があるとして、損賠倍賞の請求をすることもできます。

つまり、被害を受けた被害者が、確実に損害賠償金を受取れるようになっていますので、覚えておくと良いでしょう。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑