*

死亡事故の損害賠償金はどのように相続するの

死亡事故の損害賠償金はどのように相続するの

死亡事故に遭った場合の損害賠償金は、どのように遺族で相続するのでしょうか?

死亡事故の場合の損害賠償は、被害者が被ったと考えられる精神的苦痛に対する慰謝料と、被害者が生きていれば稼げていたであろう収入に対する逸失利益を加害者に請求できます。

これらの損害賠償請求は、被害者が既に亡くなっているので、その遺族の方が相続し加害者に対して請求することになります。

相続人が一人の場合は、損害賠償金の全額をその相続人が受取れるのですが、複数人の場合は通常の法定相続分に従って受取ることになります。

たとえば、妻と子供2人の場合では、損害賠償金の1/2(半分)を妻が受取り、残りの1/2を子供2人で1/4づつ受取ることになります。

遺族(相続人)の示談に対する考えが違う場合は

相続人が一人の場合は、示談に対する考え方が違うということはあり得ませんが、相続人が複数人の場合は、個々人の考え方に違いがあることも考えられます。

そうなれば、示談を成立させることができないため、賠償金を受取るのが遅れる事態となりますが、この場合でも、訴訟を起して、自分の相続分だけを請求することができますので、覚えておくと良いでしょう。

過失相殺に納得がいかない場合は

事故の場合は、一方的にどちらかが悪いということは稀で、ともに一定の過失があると認定される場合が殆どです。これを過失相殺と言います。

死亡事故の損害賠償金は高額となるため、過失相殺の割合(過失割合)が5%でも違えば、受取れる倍賞金の額に大きな影響を与えます。たとえば、損害賠償金が5千万円とした場合、5%上下すれば250万円も金額に開きが出でしまいます。

加害者側の主張する過失割合に納得できるのであればいいのですが、納得できないのであれば、過失割合について話合わなければなりません。

この時には、加害者の主張する過失割合について、十分に反論できるような証拠などを集めておく必要があります。

被害者本人が既に死亡しているので、証拠を集めるといっても大変なのですが、それでも目撃者の証言や、防犯カメラの映像など、集められるものは全て集めて話し合いに臨むようにしてください。

スポンサー »

事故車を売るなら「カービュー事故車査定」

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑