*

収入の少ない高齢者の損害賠償

収入の少ない高齢者の損害賠償

人は誰も年をとれば収入は少なくなります。現役で働いていた頃と比べれば、収入は格段に少なくなります。

では、そういう収入の少ない高齢者の人が、事故に遭って死亡した場合には、どのような損害賠償を請求できるのでしょうか?

通常通りの損害賠償ができる

高齢者の方が事故で死亡した場合、基本的に通常通りの損害賠償請求ができます。年齢によって、損害賠償請求ができないというような条件や決まりはありません。

損害賠償請求ができるのは次のようなものです。

  1. 事故を原因とした入院費・治療費
  2. 被害者が死亡したことによる慰謝料
  3. 逸失利益(働いて賃金を得ていた場合)
  4. 受取っていた年金(年金を受給している場合)

事故後に入院していた場合は、入院費や治療費の請求が可能です。

また、被害者が死亡したことによる慰謝料も請求できます。

高齢者の方の場合は、既に仕事を定年などで退職しているケースが多いと思いますが、退職後にアルバイトやパートなどで一定の収入を得ていることもあります。

もし、アルバイトなどで一定の収入を得ているのであれば、死亡しなければ稼げていたであろう金額(逸失利益と言います)を損害賠償として請求できます。

被害者が年金を受取っていた場合は、被害者が受取っていた年金の種類によって、受給していた年金額を加害者に請求できるかどうかが異なりますが、原則は、被害者が死亡しなければ受取っていた年金額分を加害者に対して請求できることになります。

ただし、被害者が受給していた年金が遺族年金の場合は、加害者に対して損害賠償請求はできませんので、注意が必要です。

遺族年金は、遺族となった人の生活保障を目的とした年金のため、遺族年金を受け取っていた方が死亡すれば、その時点で終了するためです。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑