*

個人の車を営業で使っていた場合の事故は会社にも責任があるの

個人の車を営業で使っていた場合の事故は会社にも責任があるの

個人の車を常日頃から通勤や営業に使っているような状態で、遠方まで自分の車で営業に出かけたときに事故を起こしてしまった場合の補償などはどうなるのでしょうか?

会社の社用車の台数が少ないため、自分の車を社用車のように使っているケースは多いのではないでしょうか?実は私も過去には、自分の車でユーザー先などに出かけていたものです。

こういう状態での中で事故を起こしたときは、被害者に請求されている治療費や慰謝料などを、会社にも負担してもらいたいと思うものですが、会社に倍賞責任はあるのでしょうか?

このケースの場合の営業に出かけた車は社用車でありませんが、実質的にみると会社は「運行供用者」となるので、このように個人の車で営業に出かけた際の事故の倍賞責任を負うことになります

会社も運行供用者になる理由は

このケースの場合の車は、個人の所有物であって会社が所有者ではありません。また、会社がその車を借りているという関係でもありませんから、一見すれば会社には責任が無いように思えます。

しかし、自賠法でいう「運行供用者」としての責任は、その車が実際はどのように使用されていたかによって判断されることになりますので、このケースのような場合は、会社の責任が問われることとなります。

つまり、個人の車であっても、会社がそのことを承知のうえでガソリン代などを負担し、営業などに利用させていたのであれば、会社も「運行供用者」として倍賞責任を負うことになります。

安い自動車保険を見つける方法

 自動車保険の保険料は、保険会社によって異なりますから、一括比較をする事で安い自動車保険を見つける事ができます。

インズウェブの一括見積もりは、最大で20社の保険会社から見積もりを取り寄せる事ができ、利用者の平均で30,035円も保険料が安くなりました

最短5分で入力が完了し、リアルタイムに各社の見積もりを確認できます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

一括見積もりのできる保険会社
一括見積もりのできる保険会社一覧

見積もりができる保険会社「アクサダイレクト、イーデザイン損保、セコム損保、チューリッヒ、三井ダイレクト、そんぽ24、SBI損保、セゾン自動車火災、エース保険、ゼネラリ、あいおいニッセイ同和、朝日火災、共栄火災、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、日新火災、富士火災、三井住友海上、AIU保険」の20社

車を売る時は無料一括査定

 車買取業者150社のなかから、住まいの地域や条件に合わせて最大10社に一括査定の依頼ができ、一番高い買取会社を選べます。

車買取業者による差定額の差は、平均で「13万7,757円」で、7割り以上の方が「5万円」以上の査定額の差を実感されています。中には、50万円以上も差が開いた方がいるくらい、バラツキがあるものです。

車の無料一括査定はこちらから

車を高く売る無料一括査定

無料一括査定ができる会社は「ガリバー、カーセブン、アップル、カーチス、ラビット、ジャック 査定センター、ビッグモーター、ビッグモーター(ハナテン)、カーチェンジA1、愛車広場カーリンク」など

中古車を探すなら

なびくる+中古車お探しサービス

関連記事

Page Top ↑