*

安い自動車保険の見つけ方

自動車保険は保険会社によって保険料が異なります。保険料は、車や走行距離、事故暦、等級、免許証の色、乗られる方の年齢などで決まります。

そのため、「常にこの保険会社が安い」という事はありませんので、自動車保険一括見積もりで、自分に合った一番安くてお得な保険を探してください。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

自動車保険一括見積もり

インズウェブでは最短5分で、最大20社の見積もりが、一度に取り寄せられます。各社の保険料、補償内容、ロードサービスなどを簡単に比べて選ぶことができます。

自動車保険の一括見積もりはこちらから

保険料を安くするポイント

 自動車保険の保険料は安いに越した事はありませんが、どうしたら保険料は安くなるのでしょうか?そのためには、「 1. 従来の代理店型からダイレクト型(通販型)に切り替える 」「 2. いろんな保険会社の見積もりを比較する 」の2つのポイントを押さえて保険を選ぶ事です。

ダイレクト型は、通販型の自動車保険と言われていて、従来の代理店型と比べ、保険料を安くする事が可能なので、まずは「代理店型から通販型に切り替える」、次に、「ダイレクト系の見積もりをいろいろ取り寄せ比較する」、こういう手順で探していけば、きっと、自分にとっての一番安い自動車保険を見つける事ができるでしょう。

ダイレクト自動車保険が人気

 任意保険に入る時は、自動車ディーラーなどが運営している「保険代理店」から入るのが一般的でしたが、最近では、通販型のダイレクト自動車保険も人気があり勢力を延ばしてきています。

ダイレクト系自動車保険の一番の良い所は保険料が安いことです。代理店型とダイレクト系のような通販型を比べると、保険料に数万円もの差が出てくる事もあるため、保険料を節約したい人にはピッタリという事です。

ダイレクト系では、アメリカンホーム保険、ソニー損保、アクサダイレクト、チューリッヒ、三井ダイレクト損保などが有名な所ですが、これらの他にも多くの損保会社がダイレクト型の保険を提供しています。

その中から、最適な自動車保険を見つけるためにも、複数の会社の一括見積もりをしてみるといいでしょう。

ダイレクト自動車保険の事故対応度

 ダイレクト型自動車保険の事故対応度はどうなのでしょうか?自動車保険に入ろうかと思っても、いざという時に対応が悪いのでは?と、加入する時には心配になるものです。

ここに、「J.D.パワー」という会社が調査した「自動車保険顧客満足度調査2013年版」という調査があります。顧客満足度の高い順にランキング形式で公表していますが、それによると、ダイレクト系の、おとなの自動車保険、ソニー損保、SBI損保、チューリッヒ、イーデザイン損保が、事故対応も含めた満足度ランキングの上位5社となっています。

また、代理店型を含めた満足度でも、ランキングの上位に入っていますので、この調査を見てもダイレクト型だから事故対応が悪いという事はありません。( 自動車保険の顧客満足度ランキング )

新着記事の一覧

2015/11/03
ひき逃げ事故で加害者が分からないときは
2015/11/02
友人に車の運転を代わってもらったら人身事故:所有者の責任は
2015/10/31
飲酒運転をして事故を起こした場合の保険金請求
2015/10/30
事故の加害者が複数人いる場合の損害賠償はどうなるの
2015/10/29
自動車損害賠償保障事業:ひき逃げや無保険車との事故を救済する制度
2015/10/28
事故の治療費負担が重くて困る時は:示談未成立で請求ができない
2015/10/27
交通事故の治療に保険証を使う
2015/10/24
示談が成立した後になって加害者が死亡した場合の損害賠償請求
2015/10/23
示談交渉成立後の保険金請求の手続きと流れ
2015/10/22
示談交渉の途中に自賠責保険の支払いを請求する場合

Page Top ↑